板金塗装からメンテナンス、車両の販売まで 車のことなら何でもお任せ下さい!

車の板金塗装を長持ちさせるには

日ごろから車に乗っていれば、傷やへこみ、サビなどの劣化症状は発生します。少しでも愛車を良い状態でキープするためには、ちょっとしたポイントがあります。こちらでは、愛車の板金塗装を劣化させずに長持ちさせるコツをご紹介します。

直射日光や雨から車を守る

直射日光が車のボディ部分に当たると、退色や塗装が落ちてしまう事があります。最近は異常気象により日差しも強くなっているので注意しましょう。また、雨が降った日に水滴を拭かずにそのままにしておくと、雨ジミなどのウォータースポットができてしまい、板金塗装の膜が押し上げられる事もあります。直射日光や雨などから守るためには、屋根つきの駐車場に保管しておく事をおすすめします。

鳥のフンや虫の死ガイなどから車を守る

車を持っている方の多くの悩みが、鳥のフンや虫の死ガイです。鳥のフンや虫の死ガイなどには、強い酸が含まれているので、車の塗装を侵して腐食の原因にも繋がってしまいます。腐食させないためにも車に、鳥のフンなどが付着していた場合、すぐに布に水を十分に含ませて取り除きましょう。誤って、乾いた布で取り除いてしまうと、ボディに傷ができてしまうので気をつけましょう。

海の潮風から車を守る

海の近くでは潮風が多く吹いています。潮風に乗ってやってくる塩分が車のボディに付着してしまうと、サビを作る原因になってしまいます。海岸沿いを走行した後や、台風によって風が強く吹いた場合には、早めに洗車しておく事をおすすめします。そうしておくと、ボディをサビから守る事ができます。

木の樹液から車を守る

キャンプやピクニックなどアウトドアに行かれる際、木の下に駐車する事は多いと思います。日除けになって安心のように感じますが、木から出る樹液が車に付着してしまうケースもあります。
山道は雨も降りやすいので、雨に紛れて樹液が付着したという事が分かりにくいです。アウトドアで山へ行くときは、なるべく木の下は避けて車を駐車するようにしましょう。樹液が付着した場合はそのままにせずに、早めに洗車しておけばシミになるのは防ぐ事ができます。

板金塗装が劣化する原因を知っておけば、それを防ぐ方法も見えてきます。愛車に傷やへこみなどがある場合は、早めに修理をして腐食を広げないようにしましょう。
大阪府八尾市のBodyRepairKでは、板金塗装や自動車販売、ボディパーツのメンテナンスなど様々なサービスをご用意しています。八尾市で自動車の事でご相談の際には、ぜひ、BodyRepairKへお問い合わせください。



大阪府八尾市の車の整備工場【Body Repair K】

【電話番号】072-968-9444
【所在地】〒581-0844 大阪府八尾市福栄町2-36-2
【営業時間】9:30~22:00 不定休